えんや呉服店 歴史

 

えんや呉服店は、昭和28年創業で、
今年66年を迎えます。
創業当時は、洋服の服地店で、
屋号も塩冶展司商店でした。
その後、昭和42年、現在の建物を建設し、
呉服の商売が始まり、
屋号も「えんや呉服店」と変わりました。
歴史②.jpg
 

ここまでお店を維持するのは様々な苦労があったと聞いています。

祖父母から、父母へ、そして私達若夫婦へ代が移ろうとしています。

私達は、岡山の老舗呉服店
「趣味のきもの 染織近藤」
で出会い、結婚いたしました。

私の修行先です


良い修行先と出会い、
着物が大好きになりました。
歴史①.jpg

現在、お客様の中には、
創業当時からのお客様や、
親子4代の着物をお世話させていただく
お客様がいらっしゃいます。
時には、
「これがお婆ちゃまに勧められた着物よ」
「これはお母さまに勧められたバッグよ」
「これはあなたに勧められた帯よ」
と私達が3世代でお勧めした
コーディネートしてくださる
お客様もいらっしゃいます。

このようなお客様との関係は、
呉服屋さんならではだと思います。

これからも、
地域に根ざした呉服屋さんを頑張ります。

現在は父、私、妻、
の3人でお店を切盛りしています。

歴史③.jpg

気軽に寄れる呉服屋さん。

敷居の低い呉服屋さん。

なんだか楽しい呉服屋さん。

そんな呉服屋さんを目指しています。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

歴史④.jpg